人気ブログランキング |

恋子の気まぐれ旅行記

travel77.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:others( 1 )


2006年 12月 04日

NWの無料航空券を使ってリゾートに行くの巻

8月の旅行でGETしたNWアジア無料航空券を利用して、
2月にランタ島にいく計画を練りました。

最終的には、発券手数料3,620円/人だけで、
2月10日(土)17:45NRT発 0:35SIN着のNW5便と、
2月19日(月)06:00SIN発 13:40NRT着のNW6
を予約できたわけですが、これには、かなりの迷いと苦労がありました。
今後、何かの参考になればと、その経験を書き込みたいと思います。

■無料航空券でどこに行くべきか?
NWのアジア便は夕方成田を出て、深夜に現地に到着する便ばかり。
その都市で乗り継いでリゾート(島など)へ行こうとすると、前後1泊ずつを、
その都市に泊まることになります。そのホテル代や手間ひまを考えると、
日本からパッケージツアーで取った方がいい日程で組めるし、
しかも安かったりしちゃうんですね。

逆にグアム、サイパンに関しては、午前発の午後着で、便数も多く、
比較的、無料航空券の狭い枠(PARKSAVER)でも、効率よく日程が組めます。
しかも、日本の冬に当たる季節はちょうど乾期でベストシーズン。
ただし、いまさらグアムサイパンというのもモチベーションが上がらず、
現地の物価等を考えると、やっぱりアジアンリゾートかなと。

ちなみに、バンコク便は人気がありあまり空席がでません。
一方、比較的すいているのはシンガポール便かな。
中国は、そもそも行く気がないので調べていませんが。
また、距離的にもシンガポールが一番遠いのでお得感があります。

というわけで、今回はシンガポール経由で行けるアジアンリゾートに
的を絞る事にしました。

■シンガポールからどこへ行くか?
シンガポール発着のツアーパッケージを扱っている会社を見つけ、
調べてみると、ビンタン島、ペナン島、バリ、インド、オーストラリア、
モーリシャス、果ては南アフリカまで、けっこういろんなツアーが出ているようです。

プーケット、セブ、バリなど行った事のある場所を除くとすると、当初は
シンガポールからフェリーで45分のビンタン島がいいかなと思ったのですが、
2月はちょうど雨季で降水量やフェリーの揺れが半端じゃないらしい。
モーリシャスも憧れるけど、たかがリゾートしにそんなに遠くまで行く意味もないし、
オーストラリアやニュージーランドなどは、日本から直行便で行く方がよさそう。

迷いに迷った挙げ句見つけたのが『ランタ島』でした。
プーケットにはいったことがあるけれど、ランタ島は初めて。
ちょうど乾期で、海もインドネシアより断然キレイそう。
ここは、昨年のスマトラ沖地震(津波)の被害も少なかったそうです。

■無料航空券のお得度
バリ島でもビンタン島でもランタ島でも、主なリゾート地に
無料航空券を使っていった場合のホテル+エアの料金は約10万円前後。
バリやオーストラリアなど直行便をつかったツアーがあるようなところだと、
2-3万円くらいしか差がありません。

その点、ランタ島は、日本からツアーでいく場合も、クラビまでの直行便がないので
バンコク乗り継ぎとなるケースが多く、所要時間に差はないように思います。
また、今回はキャンペーン期間中で2泊以上で1泊タダ!という特典もあり、
7泊で朝食と往復送迎付きで一人11.5万円。
調べた限りでは、個人で手配する場合の約半額と、かなり格安でした。
(個人手配の場合もツアーの場合も7泊だとだいたい一人22.5万円くらい)
  ・ホテル1泊3万円×7泊+タイガーエアSIN/KBV往復1.5万円
  ・ツアー:5日間で15万円+延泊1.8万円×4泊

■迷ってはダメ。空席を見つけたらすぐに予約しなくては
当初、2月の3連休と次の土日を絡めた2/10(土)〜18(日)の8泊9日
(会社は4日休むだけ!)で計画を練っていたのですが、
なんだかんだと迷っているうちに、月日は流れ、
いざフライトをブックしようとすると、帰りの便が
タッチの差で満席になってしまっていたのです。
19日(月)帰りでもしかたないか、と思って翌日見ると、それも満席!
焦って、念のためフリーダイヤルに問い合わせてみると、
2月は現地の旧正月にあたるので、これから先はもっと取りづらくなるとのこと。

今回は仕切り直しかな、と思いつつ、他の日程を検索したりしていたら、
年末年始もちらほらと空席が出始めていて、さらに迷う事に。

そして今日、ついに、19日(月)の便に空席が!
そこで、シンガポール発ランタ島へのパッケージツアーの空き状況を
急ぎ調べてもらったら、ホテル、フライトともに空きがあるとのこと。

しかし、NWの航空券は3日以内に発券され、手数料3,620円がチャージされ、
その後の変更やキャンセルは一人100ドルかかるとのこと。
また、ランタ島行きの飛行機(タイガーエア)も、
キャンセル変更には100%のチャージがかかるとのこと!

とはいえ、また迷っていると、すぐに満席になってしまうような気がして、
慌ててオンラインブッキングしてしまったのでした!

もう後には戻れません。仕事の都合などでよっぽどの事がない限りは
これで決まりですね。

でも、後日NWの18日帰着便に空きが出たりしたら、ちょっと後悔しちゃいそうです。

by okada_toshie | 2006-12-04 22:43 | others