人気ブログランキング |

恋子の気まぐれ旅行記

travel77.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ビーチリゾート( 3 )


2007年 08月 26日

ランタ島 ピマライ・リゾート&スパ 2007年2月10日(土)〜19日(月)

これは、今年の2月に、ランタ島(タイ)にいったときに撮った写真。
d0049381_023563.jpgd0049381_03212100.jpg

左)ホテルからビーチを見下ろしたところに、ブーゲンビリアが咲き乱れていました。
右)ホテルの池に咲いていたスイレン。
瑠璃色とでもよべばいいのか、とても神々しい色をしていました。

d0049381_0345940.jpgd0049381_0414483.jpg

左)ホテルの敷地内に咲いていたハイビスカス。淡いピンクがかわいくて。
右)ホテルのエントランスに飾られていたお花。
紫陽花のような紫蘇のような、紫色の葉っぱがオシャレです。

b0097616_19494748.jpgb0097616_20582622.jpg


左)ホテルのインフィニティ・プール。右)いつもすいていました。

b0097616_19432547.jpgb0097616_2123891.jpg

左)スーペリアのお部屋。鳥かごの絵が素敵。右)海の見えるラナイがついています。

b0097616_2050405.jpgb0097616_21381426.jpg

左)プールヴィラのあるエリアのインフィニティプールは、眺めもゴージャス。
右)夕陽もゴージャス。

b0097616_19464654.jpgb0097616_19455435.jpg

左)シュノーケリングツアーでいった無人島。
真っ暗なトンネルを、泳いで行くと、その奥はマングローブの森です。
右)ピマライリゾートは西海岸に建っているので、毎日こんな夕陽が見られます。

b0097616_1944597.jpgb0097616_20574444.jpg
左)ホテルのメインレストランでランチ。パスタが美味でした。
右)ホテルの前のプライベートビーチ。木陰から臨む海。風が気持ちいい〜。

More

by okada_toshie | 2007-08-26 19:31 | ビーチリゾート
2006年 03月 16日

2006年3月 セブ マクタン島 9日間の旅

二度目のセブ。二度目のプランテーションベイ&スパ。
その魅力はなんといってもこの人工ラグーン。開放感満点です。
b0097616_05662.jpg

キリマンジャロカフェの前にある、真水のプール。
水に落ちてきたプルメリアの花をあつめてニッコリ。
b0097616_0545347.jpg

ビーチにある桟橋は、ダイビングやアイランドホッピングの出入り口。
ブーゲンビリアが満開でした。
b0097616_05594.jpg

b0097616_0555187.jpg

ホテル内のアジアンダイニング「FIJI」でのディナー。
フィリピン風お刺身や、サリサリという串焼きバーベキュー、
甘くて美味しい基本のフレッシュマンゴージュースはもちろん、
すこしすっぱいグリーンマンゴージュースもおすすめです。
b0097616_0534834.jpgb0097616_0553347.jpg

b0097616_0543154.jpg
夕焼けに染まったラグーン→
もまたロマンチックでしょ?

それにしても、やっぱりセブはいいなあ。
近くて、安くて、ごはんがおいしい。
お天気もいいし。スパも最高!

ブッフェで食べ過ぎて、ポッコリおなかのままスパにいったら「妊婦」と間違われた!

by okada_toshie | 2006-03-16 00:52 | ビーチリゾート
2003年 03月 26日

2003年3月プーケット

はじめの3泊は、デュシットラグーナリゾートホテルに宿泊しました。
このラグーな地区には、デュシットホテルの他に、バニヤンツリーやシェラトンなど、合計5つ星ホテルが5軒、ラグーン沿いにならんでいて、レストランやショッピングモールなどもあり、ジャングルクルーズのような船で行き来ができるようになっている。宿泊するホテルにとらわれず、それぞれのホテルやレストラン、スパなどは相互に利用が可能となっているのです。


エキゾチックなムード溢れるロビー。豪華なレセプションルームで、松田聖子似の日本人スタッフ、寛座さんと出会う。



お部屋の中はこんな感じ。お部屋に続く廊下の屋根からは、色とりどりのブーゲンビリアが枝垂れていて、とっても奇麗でした。


Angsana Spa アンサナスパで、90分の、スクラブトリートメントをしてもらいました。
1万4千円くらいだったかな。私はセサミ(胡麻)のスクラブをチョイス。ジャングルに囲まれた半アウトドアな空間はとても広く、リラックスムード満点。途中蚊に刺されたのは嫌だったけど。カップルや友達同士、二人一緒に施術をうけることもできるようになっています。


ハイビスカスやブーゲンビリアが咲くプール。プールの前はビーチ。ハンモックでのお昼寝は最高。お庭では、マッサージおばちゃんが、400バーツ(1200円)で1時間たっぷりマッサージしてくれます。アンサナスパの10分の1。



ウインドサーフィンを習った。思い通りの方向に進めなかった。
ずごーく太った白人のおばちゃんたちと手をつないでウォーターエアロビクス。
インストラクターのテンションが高くて、なかなか楽しかったです。
売り子のおばさんから、US$50でタイシルクのベッドカバーを買った。



(左)ジャングルクールズ船に乗って、お隣のLaguna Cafeへ。
プリプリの海老をガーリックオイルでカリカリに焼いたお料理が特に美味しかった。
(下)タイ料理レストランRuen Thai。
ラグーンを見ながらのディナーは最高。



後半の3泊は、パトンビーチホテルに宿泊。
繁華街に近いのでお買い物は便利、お部屋も広かったです。パトンビーチはあんまりのんびりできる感じではないので、ホテルのプールでピチャピチャと遊んで過ごしました。ホテルのプールはアジアンな雰囲気の石造りで、プールサイドでは、ビートルズを聞きながら軽食を食べたり、夜は寛座さんと鉄板焼きを食べにいったりしました。

夜の繁華街はゲイバーやキャバクラが盛り上がっていて、おやじがフィリピンの若い女性を同伴して歩く姿が目立ちます。
おみやげは、露店より大きめのスーパーで買う方が安かったりします。値切ったりする手間を考えると、露店で買うメリットはあまりないかも。またスーパーではクーラーがギンギンに効いているので、涼みにいくのもおすすめ。なぜかワコールの下着が安く買えます。

by okada_toshie | 2003-03-26 23:26 | ビーチリゾート