人気ブログランキング |

恋子の気まぐれ旅行記

travel77.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2007年 02月 09日

シンガポール事情 下調べ

■シンガポールのタクシー事情
・基本料金:S$2.40(1.5kmまで)以降240mごとにS¢10
・空港-市内までは約S$20
・シンガポールでは渋滞は少なく、クーラー付きタクシーが多い。
・市内の移動などはその他の交通機関と比べても大きな差がなく利用できる。
・フロントガラスに赤で行く先表示をしている車は帰社中の車であるが
  方角が同じであれば乗ることができる。

■シンガポールの マネー事情
・ほとんどのお店でカードが使え、偽造や手数料請求の被害も少ない。
 使えないのは、公共交通機関と個人商店とファストフード、屋台/屋台村くらい。
 ただしタクシー料金をカードで支払う場合は、追加料金
 Credit Card Administrative Charge(公認) 10%が課せられる。
・DFSなど、日本人旅行者がよく利用する店では、
・日本円で支払うこともできる。お釣りはシンガポール・ドルでくる。
・両替は、チャンギ空港内の空港両替店がおすすめ。
 空港両替店は銀行経営で為替レートは適正。24時間営業。
 こげ茶地にピンク色で【Money Changer】の看板が目印。
 到着ホール内(1階)に二軒並んでいる。
 ターミナル1は税関の手前、ターミナル2は税関の外。到着待合ホールの正面。
・ホテルでの両替も悪くはない。
・JPYをSGDに両替する場合、二軒の店のレートが、
 それぞれ(a)1.375(b)1.380 ならば、(b)の方がお得。
・日本での両替は為替レートが一番悪い。

■シンガポールの旧正月
中国旧正月セレブレーション
旧正月前夜、中国系住民は家族でテーブルを囲んで豪華な食事を楽しみます。祝賀期間は15日続き、親戚や友達を訪ね、祝福の意でマンダリンオレンジを交換するのが慣習です。 旧正月ならではの「イーシェン」(鮮魚のサラダ)を味わうなどの祝賀行事も。
中国系住民にとって最も重要なこの祝賀期間。各所では、ライオンダンス(獅子舞)や民族舞踊が観衆を楽しませ、シンガポール中がお祝いムードに包まれます。


中国旧正月ライトアップ&フェスティバル@チャイナタウン
チャイナタウンの通りに電飾のアーチが架けられ、街は光と色彩で溢れます。


シンガポール・リバー・ホンバオ(2月16〜25日)
「カルチュラル・ビレッジ」では、瀋陽雑技団や台北のダンスグループ、またシンガポールのパフォーマー達による歌やダンスなどのパフォーマンスが行われ、「繁栄の庭(Prosperity Garden)」にはドラム・タワー、お願いの木(Wishing Tree)、アートや手工芸品のエリア、ガーデン・ディスプレイ、十二支、富の神、屋台などが設置され、旧正月のムードが満点。「カーニバル・グラウンド」には、子供達が喜ぶエキサイティングな臨時のライド・アトラクションが登場。
また、旧正月前日と当日にあたる17日と18日及び24日と25日には、お祝いの花火も打ち上げられ、人々の興奮は最高潮に!イベントの開催時間は、初日が午後8時から深夜まで、その他の日は午後1時から11時まで。


by okada_toshie | 2007-02-09 23:02 | アジア
2007年 02月 06日

シンガポールの過ごし方

2月、ランタ島への旅行の際、トランジット地として、前後1泊ずつ立ち寄る予定のシンガポール。
特に、往きは丸一日あるので、市内まで出かけて、軽く観光をしてこようと思っている。
シンガポールは主人は初めて、私は2度目(といっても17年前!)。
駐在経験のある同期にちらっと聞いてみたところ、いろんなプランがあるようで、目移りしている。
新しくなったマーライオン、セントーサ島、チャイナタウン、といった観光名所もいいし、
ハイティービュッフェ@シャングリラ・ホテルなんていうのにも惹かれるものがある。
ボート・キー&クラーク・キー(川沿いのダイニングエリア)なんていうのもあった。
お土産を買うようなお店もいろいろあって楽しそう。
さらには、「ナイトサファリ」も評判がいいようだ。

でも、フリーで空いているのは、朝から午後までだから、クラークキーやナイトサファリは無理かなあ。
ま、サファリはケニアで本物を体験済みだし、週末のオーチャード地区は激混みという噂もあるし、
ショッピングやDFSにはあまり興味がないので、無難に「名所めぐり+飲茶orハイティ」という感じにしておこうかな。
クラークキー&ボートキーには、帰りの最後の日、もしも体力があまっていたら、いってみようかな。
リバーボートクルーズならマーライオンのライトアップやシンガポールの夜景もたのしめるそうだし…。
ということで、ツアー会社の一般的な市内観光スケジュールを参考に、予定をたててみました!

シンガポール一日観光スケジュール:
9時頃  ホテル発

午前〜 ファウント・オブ・ウェルス、ラッフルズ卿上陸地点、リバーボート乗船、マーライオン公園、

お昼〜 ハイティor飲茶の昼食 
午後〜 スリマリアマン寺院とチャイナタウン散策、
サルタンモスクとアラブストリート、リトルインディア


Rose Veranda @シャングリラ・ホテルでのハイティー
101種類の紅茶をウエッジウッド製のティーカップで。
英国やアジア風のデザートや飲茶などのローカルフードも。

要予約 Tel. 6213-4486
週末は12:00〜15:00・15:15〜18:00の2交代制
1人 S$36(約2500円)サ・税別




ボート・キー&クラーク・キー Boat Quay & Clarke Quayでのリバーボートクルーズ
リバータクシーのボートを使った観光遊覧船。クラークキーから下流のボートキーを通り、マーライオンの前を通ってクリフォード桟橋のあたりまで行って、約30分ほどでもどってきます。ボートキーのネオン、ライトアップされたマーライオン、海から見るシンガポールの夜景はなかなか素敵。値段は1人S$10(約800円)

by okada_toshie | 2007-02-06 23:41 | アジア